プレウォール工法

PREWALLプレウォール工法

耐震性・耐風性・耐雪性

強度面から、2×4などと比較してみましょう。

家族が安心して暮らせるプレウォール工法

プレウォールの住まいは、建物を柱と梁、壁パネルと一体床で支えます。柱・梁・筋かいなどで支える在来軸組工法はもちろん、枠材と面材で支えるツーバイフォー工法と比べ強度に大きな差があります。組み立て接合方法も、高精度の仕口組立をした後、補強として耐震金物や釘を多様している点で、接着剤と釘、金物だけに頼るツーバイフォー工法や木質プレハブ工法に比べ、しっかり結合しています。

在来軸組工法

間取りの構成は比較的自由に行えますが、外からの力に対して、柱や筋かい、梁だけで支える構造なので、部材が細かい場合やバランスが悪い場合は、一ヵ所に大きな力が働き大きく変形する傾向があります。

ツーバイフォー工法

外からの力に対して、壁や床面で支えるため、単位面積あたりの荷重が小さく、変形する量も大きくありません。しかし、面で支える構造のため、開口部や間取りはかなり制限されます。

プレウォール工法

柱・梁・壁でバランスよく外部からの力を支えます。間取りの構成、開口部の制限も最小限のものとなります。

一歩進んだ工場生産、柱とパネルの一体化。

高い品質管理と一歩進んだ精算システム

プレウォールでは、パネルだけではなく柱・梁も含めて工場で生産しています。壁全体を壁面ユニットとして、一体生産しているのです。すべてを現場で組み立てる在来軸組工法やツーバイフォー工法より、一歩進んだ工場生産システムです。高い水準の品質管理が行えるので、図面で計画された強度をそのまま現場で実現します。

家にかかる力 水平荷重(地震・台風) 鉛直荷重(家自体の重み・積雪など)
在来軸組工法 柱・筋かいで支える 柱・梁で支える
ツーバイフォー工法 床・壁で支える 壁で支える
プレウォール工法 柱・床・壁パネルで支える 柱・梁・壁パネルで支える

数々の実験データがその強度を証明する。

モノコック構造だから地震に強い

プレウォールの強さは、公的機関などの指導のもと、パネルという断片だけでなく、壁全体を試験体とした大規模な実験でデータとして検証されています。柱と梁を用い、建物の外周部にパネルを組み込んだプレウォールのモノコック構造は揺れに強い住まいを創ります。

  • 窓枠を含めた4ピースの壁面ユニットの強度実験
    窓枠を含めた4ピースの壁面ユニットの強度実験
  • 2階床面に使用する厚構造用合板の強度実験
    2階床面に使用する厚構造用合板の強度実験

※外部からの荷重を面全体で分散して受け止めることで高い強度を実現します。

グラフの見かた

使用限界:横からの力がなくなった時、元の状態に戻るとされている柱の傾き角度(1/120 rad)
修復限界:破壊が始まったとされる柱の傾き角度。修理により、構造体として再活用できます。(1/60 rad)
終局限界:崩壊とされる傾き。構造体として再活用できません。(1/30 rad)

断熱性・気密性

断熱材がすっぽり包む、気密性の高い構造。

夏涼しく冬暖かく省エネルギー住宅を実現。

軸組工法にウレタン断熱材パネルを組み合わせ施工する工法は、もともと極寒で知られる北欧で誕生した工法です。壁はプレウォール、床と天井は組み込みを利用し、住まい全体を断熱材ポリスチレンフォームで包み込み、高い断熱性能・気密性能を実現しました。
一度暖めた空気を外に逃さないという点で、寒さに強いのはもちろんですが、同様に夏の冷房効果も抜群です。1年中快適な室温・湿度で暮らすことができ、電気代も節約できる省エネルギー住宅となります。


次世代エネルギー基準にも対応。

地球環境を配慮した次世代エネルギー基準

さらにワンランク上の住まいを提供するために、プレウォールではオプションとして「次世代省エネルギー基準」に対応した、高気密・高断熱の住まいづくりも可能になっています。(財)住宅・建設省エネルギー機構の評定も取得し、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)から割増融資を受ける対象となります。オプションの施工は、一般のプレウォールを使った施工に比べ、天井の断熱方法や床面の施工方法と、気密処理が異なります。
※「次世代省エネルギー基準」は「地球温暖化防止京都会議」をふまえ、住宅分野での省エネルギー対策の一環として設けられた、地球環境を配慮した住宅の基準です。

抜群の断熱性能を誇るポリスチレンフォーム。

環境にやさしく、火災時の有害性が少ない

一般に住宅の断熱材としては、グラスウールが使用されていることが多いようですが、プレウォールでは、グラスウール約2倍の断熱性能をもつ55mm厚のポリスチレンフォームを使用しています。
柱と柱の間にグラスウールを敷き詰める現場作業の工法では、施工にばらつきがあり本来の断熱性能を発揮する事が難しいこと、またグラスウールが湿気に弱く年を経るごとに断熱性能を失っていったり、ずり落ちたりする点が大きな欠点となっていましたが、プレウォールを採用すれば安心です。

●断熱材の施工不良が建物の寿命を縮めます。

グラスウールを断熱材に使用したとき起こりがちな、バラツキや不連続部の発生などの施工不良は、断熱効果を損なうだけでなく、湿気や結露の原因となります。結露は住まいの大敵。白アリの発生や構造材を腐らせるなどして建物の寿命を著しく縮めてしまいます。

プレウォールが実現する気密性の高い住宅。

北陸地域に最適なプレウォール工法

夏暑く、冬は寒く、一年を通して湿度が高いという気候や積雪の問題は、北陸地方の住まい全体が克服すべき課題です。断熱性能や機密性能が、北陸の住まいにとって重要なテーマとなっているのは、そのためです。プレウォール工法は、もともと機密性に大変優れた工法です。特別な気密材や施工方法を採用しなくても、北陸の在宅に適した十二分な気候性を誇ります。※より機密性をご希望の方には、オプション施工で対応することができます。

耐久性

結露から住まいを守る通気工法。

耐久性能へのこだわり

住まいの耐久性を決定するのは、湿気対策であり結露対策です。木を絶えず乾燥させた状態に保ち腐朽菌や白アリの発生を抑えれば、住まいは長い間快適に保てます。
従来の建物では、室内で発生した水蒸気は壁体内で結露し、断熱材の機能を低下させたり、構造体を腐らせるなど住まいの寿命を損なっていました。またダニやカビが発生する原因ともなり、健康の面でも問題があります。
プレウォールでは、結露を防ぐため「通気層」「小屋裏換気スリット」を設け、壁体内の水蒸気を建物の外へ排出する通気工法を採用しています。

室内外の気圧差や温室効果も防止します。

壁の中の湿気を外に排出

「通気層」は、室内と室外との気圧の差を少なくする効果もあります。暴風雨の時などこの気圧差のために室内に湿気を吸い込んだり、雨漏りが起こることがありますが、「通気層」をもつプレウォールなら安心です。また夏に密閉した小屋裏や壁に起こる温室効果も、「通気層」を設けることで防止できます。

下の換気もポイント基礎パッキン工法。

基礎全体に外気が流れ乾燥状態を保持

プレウォールの住まいでは、従来の換気口を設置する基礎の工法に替えて、全周囲に通気スリットを設ける基礎パッキン工法を採用しています。床下全体に空気の滞留がなく、土台と基礎が直接触れることもないので、床下は常に乾燥した状態に保たれます。しかも床下と建物内部は完全に遮断されているので、湿気が壁の中に入り込む心配もありません。

ひび割れに強い

換気口は基礎のクラック(ひび割れ)の原因となっています。基礎パッキン工法は、強度の面からも優れた工法です。